2013年10月25日

たぬきそば

藤原製麺@北海道旭川市(1)幌加内そば238たぬきそば.JPG

前夜のおかずが天ぷらだったので、翌日は冷したぬきが食べられました。
右側が天かす、左側が揚げ玉。
やっぱり天かすで食べると美味いなあああ

で、ふと思う。
天かすって、こんなに偉大なのに、かす扱いされちゃって可哀そうだなあ。と。
この美味さ、これを廃物利用と言ってしまっていいのだろうか?

揚げ玉では決して醸し出せない、いろいろな素材が複雑に絡まる風味。
おそらくはその瞬間にしか出会えないんであろう、味わい。
まさに一期一会ですよ。

最初にそばにオン!って考えた人は誰なのでしょうか?
素晴らしい発想ですよね。

そーいえば、お店によっていろいろ呼び名も変わりますよね。
自分は、いぜん師匠から教わったように、

天かすっつーと「天ぷらを揚げたかすの部分」
揚げ玉っつーと「天かす風に別途作成した細かい粒状の衣」
という風に理解しています。

藤原製麺@北海道旭川市(2)幌加内そば238たぬきそば.JPG

好きな呼び名は「たぬき」でしょうかね。
これまた西のほうだと通じないんですかね?

天かすの利用法いろいろあれど、たこ焼作るときにも入れるじゃないですか、あれって味の違いが出るんですかね?
いつも作ってて解んないんですよね、違いが微妙過ぎて。w
ソースですっ飛んじゃう、焼きそばの時も。

お気に入りは、自宅で作るたぬき丼です。
近所の蕎麦屋にやさい丼ってメニューがあるんですが、それを応用したもの。
野菜炒めを蕎麦出汁で卵溶じにしたものをごはんにオン。
卵溶じの時にたぬきをどばっと一緒に溶じます。
食中も食感補充でたぬき追加。これうまーマジ。

*写真:揚げ玉はシマダヤのあげ玉。麺は藤原製麺@北海道旭川市の幌加内そば。つゆは創味つゆと減塩つゆのブレンド。

詳細
posted by 蕎介:キョースケ at 18:00| Comment(4) | 家麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

六文そば日暮里㐧2店 日暮里 JG

六文そば日暮里㐧2店@日暮里(1)そば200ジャンボゲソ120.JPG

六文そば日暮里㐧2店に来ました。

六文そば日暮里㐧2店@日暮里(3)そば200ジャンボゲソ120.JPG

六文そば日暮里㐧2店@日暮里(4)そば200ジャンボゲソ120.JPG

六文そば日暮里㐧2店@日暮里(5)そば200ジャンボゲソ120.JPG

差し込むゲソ欲求の赴くまま。

六文そば日暮里㐧2店@日暮里(2)そば200ジャンボゲソ120.JPG

そば200円、ジャンボゲソ120円です。

六文そば日暮里㐧2店@日暮里(6)そば200ジャンボゲソ120.JPG

やっぱハードボイルドだわあ㐧2店。

六文そば日暮里㐧2店@日暮里(7)そば200ジャンボゲソ120.JPG

六文そば日暮里㐧2店@日暮里(8)そば200ジャンボゲソ120.JPG

六文そば日暮里㐧2店@日暮里(9)そば200ジャンボゲソ120.JPG

詳細
ラベル:荒川区 路麺
posted by 蕎介:キョースケ at 07:00| Comment(2) | 城東:足立/葛飾/江戸川/墨田/江東/荒川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド